多店舗ECサイト

多店舗ECサイト(通販サイト)

ECサイト(通販サイト)を多店舗展開した際にネックになる管理コストを大幅に削減する一元管理システムを導入いたします。

多店舗ECサイト(通販サイト)の問題点

自社ECサイト(通販サイト)、楽天市場、Yahoo!ショッピングの3店舗を展開すると、当然のように売上UPは見込めるのですが、もともと別々のシステムであるがゆえ、3つのサイトを個別に運営せざるを得ない状況に陥ります。また、在庫も一元管理することが不可能になり、在庫切れの商品を売ってしまい、購入されたお客さまからのクレームにつながることも予測できます。

自社ECサイト(通販サイト)のSEO対策

自社ECサイト(通販サイト)の場合、一般的なホームページと同じ感覚でSEO対策を行うと検索エンジンからは過剰なSEO対策と判断されかねません。それを回避するためには、サイト全体のページ数(商品アイテム数)を考慮した独自のSEOチューニングを行います。ページ数(商品アイテム数)が多ければ薄く、少なければ濃くなるように絶妙なさじ加減のSEO対策が必要なのです。

一元管理でコストを削減

自社ECサイト(通販サイト)、楽天市場、Yahoo!ショッピングの3店舗を一元管理できる多店舗向けのシステムを導入することで、運営コストを削減する事ができます。多店舗を一元管理することで、店舗ごとの運営に必要だった作業をおよそ1/3程度に軽減することができます。同じ作業人数、時間でも、より多くの商品アイテム数を管理することができ、売上UPにつながります。

Googleのモバイルフレンドリーテストに適合する品質

モバイルフレンドリーはレスポンシブWebデザインで実現、CMSはMODXを実装。まさにコスパ最強の組み合わせ。あとは良質なコンテンツを作るだけ!