CMS導入・構築

CMS導入・構築

CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)にオープンソースを採用しているので、システム開発のコストを削減できます。

  • MODX
  • EC-CUBE
  • OpenPNE
  • WordPress

CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)とは?

従来のホームページでは、HTMLやCSSと呼ばれるファイルを作成し、インターネット上にあるサーバの決められた場所にアップロードして運用していました。CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)は、あらかじめテンプレート(ひな型)を用意してあるので、タイトルや文章を書き、写真や画像をアップロードするだけでホームページを更新することができます。

なぜCMS導入・構築が必要なのか?

CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)は、一般的なブログや、Facebook、Google+といったSNSと同じような管理画面で操作ができるので、企業内にWeb担当者やWebマスターといった専任の担当者が不要になります。つまり、一般的な中小企業の場合であれば、兼任の担当者でもホームページの運用が可能なのです。大規模やEC(通販)サイトのように更新量の多いホームページであれば、複数の担当者さまでも運用が可能なので、さらに効率化したり、作業時間を短縮したりすることができます。

CMS導入・構築でコストが削減できる!

従来のホームページの場合、ページの追加・修正・削除を行なう場合、制作会社に追加の制作費用を支払って作業を依頼していました。CMSを導入・構築するとちょっとした文章の修正や画像の差し替え等が、自社で行えるので、追加で発生する制作費用がゼロになります。また、ホームページの運営・管理のために専任のWeb担当者やWebマスターを雇用したいた企業では、専任から兼任に切り替えたり、専任の担当者を雇用しないことで、求人費も人件費も削減することができるのです。

Googleのモバイルフレンドリーテストに適合する品質

モバイルフレンドリーはレスポンシブWebデザインで実現、CMSはMODXを実装。まさにコスパ最強の組み合わせ。あとは良質なコンテンツを作るだけ!