Webサイト制作の流れ

Webサイト制作の流れ

ウェボリューション株式会社は、総合プロダクションです。
ご依頼いただいた案件の内容に合わせてクリエイターのメンバーを編成します。

1.お打合わせ・ご提案

弊社は、初めてのご訪問の際にデザインをご提出するような非常識なことはいたしません。まずは、お客さまのご要望やイメージをお聞きしてからデザインやCMSのご提案を行ないます。お客さまのお話を何も聞かない段階で、ご提案するのは、「決めつけ」や「こじつけ」など、制作サイドの押し付けにすぎないからです。

2.企画・設計

まず、お客さまの業種・業態・商品・サービスなどを熟慮し、最適なメインキーワードを選定します。次に関連するサブキーワードを選定し、Webサイト全体の構成を作ります。さらにSEO対策だけでなく、Webサイトにアクセスしてきた来訪者の最終的なアクションを考え、最終的な落とし所を設計段階から組み込みます。

3.Webデザイン

オリジナルデザインをご希望されるお客さまには、そのテイストが得意なデザイナーが担当させて頂くので、ウェボリューションには、できないデザイン、苦手なデザインは存在しません。やむを得ず、制作コストを抑えたいというお客さまには、テンプレートからお選びいただくことで、制作コストを抑えることも可能です。

4.HTMLコーディング

HTMLコーディングは、正しい文法、美しいソースが記述できるHTMLコーダーが担当させて頂きます。例えば、HTML5+CSS3の場合、W3C準拠の正しい文法を最低限の技術と位置付けています。さらに、各種最新ブラウザでチェックを行っていますので、表示の崩れなども起こらない状態で納品させていただきます。

5.最適なCMSの実装

一般的な企業サイトの場合は、MODX Evolutionを推奨しています。また、中小規模ECサイト(通販サイト)の場合は、EC-CUBEを推奨しています。さらに規模の大きな楽天市場、Yahoo!ショッピング、自社サイトの多店舗ECサイト(通販サイト)を運営される場合は、3サイトを一元管理できる独自システムを推奨しています。

6.クオリティチェック

お客さまのネットビジネスをカタチにするために、特にクリエイティブディレクション(お打合わせ・ご提案・企画・設計)、CMS実装、アートディレクションの工程にチカラを入れています。また、最終的にお客さまに確認していただく前に弊社独自の厳しい基準を設けることで、高いクオリティを維持しています。

7.納品・サポート

CMSを導入された場合、通常の更新業務で必要なアカウントだけでなく、管理者アカウントもお渡ししています。CMSの管理者アカウントを渡さない制作会社もありますが、弊社はそのようなアンフェアな「縛り」はいたしません。Webサイト、CMSの全権をお客さまに収めることが常識的でフェアな納品だと考えています。

Googleのモバイルフレンドリーテストに適合する品質

モバイルフレンドリーはレスポンシブWebデザインで実現、CMSはMODXを実装。まさにコスパ最強の組み合わせ。あとは良質なコンテンツを作るだけ!