ロゴストーリー

ロゴストーリー

ランスの新古典主義の画家、ジャック=ルイ・ダヴィッド(Jacques-Louis David)が1801年に描いた「サン=ベルナール山からアルプスを越えるボナパルト」をモチーフにアレンジを加えています。

ルッソ・コルサ(Rosso Corsa)

進化と革命

ポレオン・ボナパルトのモチーフは、社名の由来と経営理念に受け継がれる「進化」と「革命」をイメージしています。企業活動すべてが、常に進化し続けることと、ウェブに革命を起こすことを表現しています。


ブランドカラーはルッソ・コルサ

ランドカラーは、社名の由来と経営理念に受け継がれる「情熱」の赤を採用。赤の中でもイタリアの情熱の赤、フェラーリレッドで知られるルッソ・コルサ(Rosso Corsa)をウェボリューション株式会社を象徴させるカラーにしています。